生活費に困った時に即日融資が役立ちました

私は子供の頃からうっかり者でした。
そんな私は、うっかりミスで手持ちの生活費が無くなって困ってしまった事があります。
その時私を救ってくれたのが、カードローンの即日融資サービスでした。
あれは一年前の事になりますが、私が通勤に使っていたバイクが急に壊れてしまいました。
それも完全にエンジンが壊れてしまって、買い替えが必要になったのです。
私は直にバイク屋さんに行って新しいバイクの契約を済ませました。
そしてその場で手付金を支払ったのです。
そして数日後、私の家にバイクが配達され、私は残りの代金を支払いました。
バイクを無事に手に入れてほっとしていると、私はある事に気付きました。
その時の私は、ギリギリで新しいバイクを購入するだけのお金は持っていたのですが、それを払ってしまった為に次の給料日まで生活費がなくなってしまったのです。
このままでは、新しいバイクにガソリンを入れるのもままなりません。
いくら私がうっかり者とはいえ、こんなうっかりミスをするとは思っても見ませんでした。
でも、私はすぐに気を取り直して、現金を入手する手段を考え始めたのです。
とりあえず、情報を集められそうな物はスマートフォンしか持っていなかったので、「現金融資、その日の内」などとインターネットの検索エンジンに入力してみました。
すると、消費者金融のページが見つかって、最短でその日の内に現金を入手出来ると記載されていたのです。
「これだ」と私は一人で叫んで、すぐにその消費者金融のウェブサイトの申し込みフォームに入力を開始しました。
申し込みフォームの入力は簡単でした。
そして私は無事に審査を通る事を祈って送信ボタンを押したのです。
ただ、私はその時新しい職場で働き出してあまり間がなかったので、審査を通過出来るか、かなり不安でした。
ですが、申し込みから30分後にかかって来た電話で、審査を通過出来た事を知って安心しました。
審査を通った私は、契約な内容を確認して10万円の融資を申し込んだのでした。
電話の最後にオペレーターの方が「今から30分程でお客様の口座への振り込みが完了します」と言ってくれた時、私はまたも安心する事が出来ました。
さて、私は山間の不便なアパートに住んでいたので、ATMが設置されているコンビニまではバイクで15分程必要です。
納車時に入っているわずかなガソリンが保ってくれる事を祈って、私はバイクでATMを目指しました。
結果的にガソリンはギリギリで保ってくれて、ATMで入金を確認出来たのでした。
即日融資のおかげでバイクにガソリンも入れられて、当面の生活費を賄う事も出来ました。
実は、本当にその日の内に振り込んでもらえるのか、実際に確認するまでは不安だったのですが、即日融資の触れ込みは伊達じゃないな、と実感しました。
あれからもう一年が経ちますが、私は度々カードローンを利用させてもらっています。
いざという時の為に、カードローンを契約しておくと本当に便利ですよ。

Comments are closed.